一般歯科・小児歯科・矯正歯科・小児矯正歯科・ホワイトニング・審美歯科

電話 ネット予約
メニュー
メール相談
お電話

予防の常識・非常識

2018年11月10日 【ブログ

こんにちは!福岡市中央区天神・警固の帆鷲デンタルクリニック赤坂南です。

本日は意外と知られていない歯の予防の常識、非常識をお伝えします(^-^)

まずは

 

常識①✖→歯周病は短期間で進行し、歯を失う怖い病気 ◯→セルフケアと歯科のサポートで歯は残せます

”歯を失う怖い病気”というイメージが強い歯周病。

しかし、短期間で歯がグラグラになって抜け落ちてしまうことは普通はありません。

歯周病を予防するには、セルフケアだけでなく、歯周病の早期発見が重要です。

早く異常がわかれば、その分早く手が打てます。

そのためには、定期的に歯科医院で検診を受けることが大切。

歯周病を発見、予防するためにも検診に通いましょう。

 

常識②✖→歯周ポケットは歯ブラシできれいに磨ける ◯→歯ブラシだけでは落としきれない汚れがあります

歯茎の溝の中はプラーク(細菌のかたまり)がたまりやすい場所で、たまったプラークは歯周病の原因になります。

そのため、この部分を歯ブラシで注意して磨いている方も多いでしょう。

ですが、歯ブラシでは溝の中のプラークは完全に取り切れません。

しかも、無理に溝の中にブラシの毛先を入れて磨くことを続けると、歯ぐきが傷つき、痩せ、虫歯になりやすい歯の根面が露出してしまいます。

歯ぐきを傷つけずにきれいにプラークを取り除く磨き方は、歯科医院で教えてもらいましょう。

歯ぐきの深い溝や歯周ポケットの中の掃除も歯科医院にお任せください。

 

常識③→✖→虫歯になるのは甘いものをたくさん食べているから ◯→”量”より”食べ方”が問題です

甘いものを控えているはずなのに、むし歯になってしまう。

それは甘いものの”食べ方”に問題があるのかもしれません。

飲食後、お口の中では細菌を生み出す酸や飲食物の酸によりはの成分が溶け出し、その後、時間をかけて唾液が成分を戻していきます。

溶かす力が戻す力を上回る状態が長時間続くと、むし歯になります。

このとき、甘いものの”量”以上に、食べる”頻度や時間”が問題となります。

ひっきりなしに甘いものが口の中にあると、唾液が歯を修復する時間が取れません。

ですから、のど飴を絶えず舐めていたり、ドリンクをチビチビ飲んでいたりすると、むし歯になりやすいのです。

野菜ジュースやスポーツドリンクなど、ヘルシーなイメージのものにも意外に砂糖は入っていますのでご注意を!