一般歯科・小児歯科・矯正歯科・小児矯正歯科・ホワイトニング・審美歯科

電話 ネット予約
メニュー
メール相談
お電話

歯ぎしり・食いしばりのクセがある方はマウスピースを

2018年9月26日 【ブログ

005_sprint_01

思い当たることはありませんか?

・夜寝ているときに歯ぎしりがうるさいと言われる
・イライラした時に歯を食いしばる癖がある
・スポーツや筋トレをよくしている
・顎が痛い時がある

 

そのままにしておくと・・・

・歯にヒビがはいってくる

・歯がすり減ってくる

・歯並びが悪くなります

・歯周病が悪化します

・肩こりや頭痛に悩まされます

更年期の女性

そんな方へ当院ではマウスピースをオススメしています。

 

【マウスピースの必要性】

歯ぎしりを防ぐために、歯科では「スプリント」というマウスピースをつくり、日中や夜寝ているときにつけていただきます。

005_sprint_02

マウスピースを使用することにより、次のようなメリットがあります。

・歯が削れるのを防ぐ
・顎関節症が予防できる
・夜ぐっすり眠れるようになる
・肩こりや頭痛を軽減できる

 

【歯科医院で作ることのメリット】

「ドラッグストアで売ってる物でもいいの?」と思われるかもしれません。

マウスピースは市販のものもありますが、市販のものは、適合状態や噛み合わせを調整できないため、あまり意味がないばかりか、場合によっては逆効果になってしまうこともあります。 歯科医院では、個人個人に合わせてオーダーメードで作るため、ピッタリ適合させることができますし、噛み合わせもきちんと調整することによって、歯にかかる負担を均等に分散させることができます。

 

ホワイトニング入る前2

<マウスピース作製の流れ>

1.歯ぎしりの検査をします

2.上下の型採り、噛み合わせの記録をとります

3.採った型をもとに模型を作り、模型上でマウスピースを作ります

4.お口の中でマウスピースを調整します

5.1週間ほどマウスピースを使っていただき、その使用感をもとに再度微調整します

 

<費用と期間>
作製費用は保険適用で5,000円くらいです。

期間は御本人の口腔内の状況によりますが、大体1〜2週間でつくることができます。

歯科医院で作ることによって、きちんと自分の歯の形やかみ合わせにあったものができますので、市販のものに比べて数段、その効果が違うと言われています。

 

<患者様の声>
(30代・男性)
昔から妻に「あなたは歯ぎしり」が酷いと言われていました。知人と旅行に行った時にも「お前と一緒の部屋には寝たくない」とも言われ・・・。
今回、たまたま虫歯で歯医者に来たのですが、最初の検査の時にひどい食いしばりがあることを指摘され、このままだと歯が削れて摩耗していき、歯だけでなく、顎や歯ぐきにも悪い影響を与えると先生から聞かされました。

改めて歯ぎしりの検査をして、マウスピースを作っていただいてからは、毎日寝る前に装着しています。最初は違和感がありましたが、市販のものとは違って素材が薄いためすぐに慣れました。
着けて寝るようになってからは妻から歯ぎしりを指摘されることはなくなり、妻も私もぐっすり安眠できるようになりました。(笑)
自分の歯を大切に守るためにもずっと着けていきたいと思います。

 

【より歯を長持ちさせるために】

歯ぎしりをする原因としては、体質もありますが、日常生活におけるストレスにあるとも言われます。
ストレスを軽減させるためには、十分な睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動を心がけるようにしましょう。

005_sprint_03

そして、マウスピースを作って終わりではなく、歯ぎしりの状態を知るためにも定期的なメインテナンスに来ていただくことをオススメしています。つよく歯ぎしりをする方はマウスピースにヒビが入ったり、割れたりすることがあります。そのままにしておくと効果が出ず、歯が削れていってしまったり、かみ合わせが悪くなったりもします。
その際はマウスピースを持ってきていただき、改めて検査をさせていただいた上で、ベストな方法をご提案いたします。