電話 ネット予約
診療時間
新型コロナウイルスについての対応

乳歯が生えたら歯磨き剤を使い始めましょう!

2020年5月26日 【ブログ

こんにちは、福岡市中央区 警固・赤坂・薬院エリアの 帆鷲デンタルクリニックです。

今日は、「歯磨き剤はいつ頃から使ってOK?」ということについてお話しします。

 

「まだうがいができない子供には、歯みがき剤を使うべき?それとも使用はNG?」。

その答えは、

「乳歯が生えたら、フッ素(フッ化物)の入った歯みがき剤を積極的に使いましょう!」です。

 

使用量を守っていれば、うがいができなくても大丈夫。

うがいをせずにお口の中にフッ素が残れば、虫歯予防により効果があります。

 

かつての歯みがき剤はフッ素の入っていない製品も多く、歯みがきの単なる「補助剤」と考えられていました。

それに対して現在では、フッ素配合歯みがき剤の国内シェアは約90%。

歯みがき剤は、虫歯予防効果の高い「予防剤」として、積極的な使用が推奨されています。

また、ペーストの他にも、ジェルやフォームなどいろんなタイプの製品があり使いやすくなっています。

 

歯みがき剤の使用開始年齢は、かつては「うがいが可能な年齢」とされ、うがいも、「歯みがき剤が口の中からなくなるまで何回もしましょう」と、丁寧にするのが良いとされていました。

 

対して現在は、「乳歯が生えたらすぐに使用開始を」。

フッ素をなるべく長く口の中に止めるために、うがいはむしろ少なく、「10ml程度の水で1回」が推奨されています。

 

世界の虫歯予防学の進歩と歯みがき剤製品の進化がもたらした、とても重要な変更点なので、ぜひとも現在推奨されているやり方を安心して続けていってください。

 

なお、「フッ素配合の歯みがき剤」とひと口に言っても、子供用と大人用では配合されている濃度が異なります。

5歳以下の小さなお子さんには500ppmのものがオススメです。

市販品の場合、濃度表示のない製品もあるので、製品選びに迷ったら、歯科医院で選んでもらいましょう。