一般歯科・小児歯科・矯正歯科・小児矯正歯科・ホワイトニング・審美歯科

電話 ネット予約
メニュー
メール相談
お電話
審美歯科
審美歯科
審美歯科とは?
審美歯科とは”美しさ”に焦点を当てた総合的な歯科治療のことです。 しかし単に歯をキレイにするだけでなく、美しい歯並びやバランスの取れた歯肉などはもちろん、虫歯や歯周病の治療など通常の歯科で行っている治療に”美しさ”という視点をプラスした治療を行います。 私たちは口腔内全体のトータル的な環境づくりを行い、その人本来の健康的で美しい笑顔を手に入れることを目的としています。
審美歯科
当院でおこなえる審美歯科について
ホワイトニング
クリーニングをしているにも関わらず、歯の黄ばみがなかなか取れないとお悩みの方にオススメの治療方法です。歯を削ることがないので痛みや不快感もなくリラックスした状態で治療して頂き、本来の健康的な白い歯を取り戻すことができます。 ホワイトニングについてはこちらのホワイトニング専用ページをごらんください。
 

オールセラミック
オールセラミックとは被せ物や差し歯の素材が全てセラミック(陶器素材)で出来ているものを使用する審美治療です。光透過性も非常に良いため、自然な美しさだけでなく、硬すぎて他の歯を傷つけるといった心配もなく、強さとしなやかさを持った非常に理想的な材料の一つです。また金属を一切使用しないので金属アレルギーをお持ちの方でも安心して治療して頂けます。保険はきかず、自由診療になります。

当院の審美歯科の特徴

1.ベストな歯をご提案します
歯周病や虫歯の状態を検査させていただき、どの被せ物、差し歯があなたの口腔内、また見た目も考えてベストなのかを丁寧にご説明し、ご提案いたします。
虫歯や歯周病の進行状態により、ご提案内容や治療期間が変わりますのでご了承下さい。

2.歯科技工士さんが来てくれます
歯を作るプロである、歯科技工士さん。これまで通った歯医者さんで歯科技工士さんとお話をしたことはありますでしょうか?普通は歯科技工士さんと直接会って話をすることはありません。ですが、当院では歯科技工士さんが直接来てくれて、あなたの歯の写真を撮ったり、どういった材質や形のものがいいのか、アドバイスをしてくれます。

3.2年間の保証付き
差し歯が外れたり、被せ物が取れたり、欠けたり、もしものトラブルのために2年間の保証があります。(※セラミックなどの自費治療のみの保証)
保証を受けるためには、3ヶ月に1度、メンテナンスに来ていただきます。
 
被せ物、差し歯には保険と自費の2種類があります
どちらがキレイですか?
保険治療
保険治療
自費治療
自費治療
保険と自費の違い①
型取りの精度の違い
保険治療
精度が低いため、どうしても詰め物・かぶせ物と歯の間に隙間ができます。そのため先々、むし歯になったり、はずれやすくなります。
保険治療
精度が低いため、どうしても詰め物・かぶせ物と歯の間に隙間ができます。そのため先々、むし歯になったり、はずれやすくなります。
自費治療
シリコン印象材により、精度が高いため、出来上がる詰め物・かぶせ物と歯が密着します。隙間が無いため、むし歯になったりしません。また銀歯よりも長くもちます。
自費治療
シリコン印象材により、精度が高いため、出来上がる詰め物・かぶせ物と歯が密着します。隙間が無いため、むし歯になったりしません。また銀歯よりも長くもちます。
保険と自費の違い②
使える素材の違い
保険治療
銀歯やプラスチックを使います。銀歯は金属アレルギーの可能性や酸化、腐食、歯ぐきの変色を起こします。プラスチックは年数が経つと変色します。
保険治療
銀歯やプラスチックを使います。銀歯は金属アレルギーの可能性や酸化、腐食、歯ぐきの変色を起こします。プラスチックは年数が経つと変色します。
自費治療
セラミックスやジルコニアといった審美性や耐久性、適合性に優れた素材の中から、目的やご予算に応じて選ぶことができます。
自費治療
セラミックスやジルコニアといった審美性や耐久性、適合性に優れた素材の中から、目的やご予算に応じて選ぶことができます。
自費治療で使う素材
オールセラミック
被せもの全体がセラミックでできていて、透明感が高く、色調もきれいで自然な透明感を表現します。半永久的に変色しません。
ハイブリッドセラミック
セラミックでできた薄片に合成樹脂を配合させた素材です。オールセラミックより比較的安価で透明感を出すことができます。
ゴールド
身体への害が少なく、歯の硬さに近く、丈夫で長持ちです。
メタルセラミック/プラスチック(金属裏装)
周囲の歯や噛み合う歯を傷つけにくいですが、長期間使用では変色することがあります。裏は金属なのでアレルギーがでることがあります。プラスチックの場合は取れやすかったり、割れやすかったりします。
保険か自費かで迷われている方へ
☆ 耐久年数が違います
保険と自費では価格が数倍~10倍くらい違いますが、銀歯の耐久年数は5~7年と言われています。オールセラミックは10年ほどですが、きちんと管理すれば20年持つと言われています。

☆ 二次むし歯になりにくい
銀歯と歯との隙間からむし歯となり(二次むし歯)、再度治療や新たな詰め物・かぶせ物が必要となります。最悪の場合、抜歯をしなければならず、さらに治療費と時間がかかります。

☆ 金属アレルギーにならない
銀歯は金属アレルギーの原因や、歯ぐきへの色素沈着など、自費とくらべて、見た目だけでなく、身体へも影響をおよぼします。